金やプラチナを投資対象として考えたときのメリット・デメリットをご紹介します。

金・プラチナのメリット・デメリット

金が使用されたジュエリー

投資と聞いて、おそらく多くの方が始めに思いつくのは株式投資だと思います。
また、それに続いて一般的なのは不動産投資と債券投資でしょう。
さらに最近では、FXや仮想通貨への投資にも注目が集まっていますが、これらに比べて少しマイナーな印象があるのが金・プラチナへの投資です。
ここでは、金・プラチナへの投資に対する注目度を高めるという意味も込めて、両者のメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

 

金のメリット・デメリット

まず始めに、金投資のメリットとデメリットについて紹介していきます。

 

金のメリット① 無価値にならない

投資目的で保有したり売買したりする資産の中には、状況によって無価値になるものがあります。
例えば株式であれば会社が倒産すれば無価値になり得ますし、通貨であればその価値を保証している国家が破綻したり消滅したりすれば同じく無価値になり得ます。
しかし、金であれば決してこのようなことにはなりません。
金は埋蔵量に限度のある鉱物であるため、通貨や株式のように無際限に発行できるというものではなく、そのため無価値にはなり得ないのです。

 

金のメリット② 世界で価値が共通している

金がその他の資産と大きく異なるのは、世界で価値が共通しているという点です。
一般的に言って、資産というのはそれが株式であろうと不動産であろうと通貨であろうと、その価値が一定程度、地域や国家という範囲に縛られることになります。
しかし金の場合は例外で、国と地域を問わずあらゆる場所でその価値が認められています。
ですから、金は売りたい時にいつでも売ることができます。

 

金のメリット③ インフレに強い

金の価値は物価の上昇にかなりの確率で連動します。
ですので、貨幣の価値が相対的に下落するインフレの状況下においては、金に投資をすることが一つのインフレ対策になります。

 

金のデメリット① 為替の影響を受ける

金の取引は現在、ドルで行うというのが世界共通のルールになっています。
ですので海外で取引を行う場合はもちろん、日本国内で取引を行う場合にも為替の影響を受けることになります。
分かりやすく言えば、金の取引は海外からの輸入品の取引と同じ形になるのです。

 

金のデメリット② インカムゲインを生まない

投資の対象となる資産の多くはインカムゲインを生みます。
例えば、株式であれば配当を、不動産であれば家賃を、預金であれば金利をそれぞれ生みます。
しかし、金の場合にはこうしたインカムゲインが発生するということはありません。

 

プラチナのメリット・デメリット

続いて、プラチナ投資のメリットとデメリットについても紹介していきたいと思います。

 

プラチナのメリット① 希少価値が高い

プラチナは非常に希少価値の高い資産として知られています。
一般的には、金の方が希少だと思われていますが、実際にはプラチナと金は同程度の希少性を持っており、年間の生産量で言えばプラチナの方が19分の1ほど少ないと言われています。
希少価値が高いということは資産価値が下がりにくいということですから、投資に向いた資産だと言えます。

 

プラチナのメリット② 需要が高まる可能性が高い
プラチナリング

プラチナと言えばジュエリーに使われているという印象が強いですが、実際にはそれよりも、工業用の需要の方が圧倒的です。
特に、ディーゼル車の排ガスを除去するための触媒として使われており、自動車の売れ行きが良くなるとプラチナの需要も高まると言われています。
また、その他の工業分野においても非常に積極的に利用されています。
自動車産業を含め、こうした工業分野には今後発展が見込まれる領域が多いですので、それに伴ってプラチナの需要も高まっていくと予想されます。

 

プラチナのデメリット① 金よりもリスクが大きい

プラチナは株式やFXと比べると価格変動が小さく、比較的ローリスクな資産だと言えます。
しかし、プラチナと似た特性を持つ金と比べると、プラチナの方がリスクの大きな投資対象だと言えます。

 

プラチナのデメリット② 手数料が高い

プラチナの取引をするためには業者を通す必要があるのですが、その際には当然手数料が必要になります。
そしてこの手数料は、株式投資と比べても相当に割高で、小額投資であればあるほどその額が大きくなります。