会社員が不動産投資に向いているのはローンを組むことが出来るからです。

ローンを組めるのが最大の利点

会社員が資産運用するメリット

一昔前と違って、現在では非常に多くの方が資産運用を行っています。
今回取り上げている会社員はもちろんですが、自営業者、公務員、さらに最近では学生や主婦といった層までがそれぞれの方法で資産を運用しています。
この中で、今回も当然会社員の資産運用について取り上げるのですが、今回は「ローン」をキーワードにして掘り下げていきたいと思います。
果たして、会社員の資産運用とローンには一体どのような関係があるのでしょうか?

 

会社員にとっての不動産投資ローン

不動産投資ローンと住宅ローンの違いとは

普段、資産運用や投資といった話題に関心の無い方はご存知でないかもしれませんが、不動産投資にはローンを利用することができます。
住宅ローンや自動車ローンに似たようなもので、不動産投資の場合にはこれを「不動産投資ローン」と呼びます。
不動産投資ローンとは、読んで字のごとく不動産投資をする際に借入れられるローンのことを言います。
具体的には、投資目的で購入するマンションやアパートなどの不動産を担保にして金融機関から借り入れるローン、これを不動産投資ローンと言います。
この不動産投資ローンに似たものとして、住宅ローンがあります。
おそらく、この両者の違いについて具体的にご存知の方は多くないと思いますので、以下で簡単に説明したいと思います。
不動産投資ローンと住宅ローンは以下の3つの点で異なります。

 

審査基準

不動産投資ローンと住宅ローンでは貸付の目的が異なるため、それに伴って審査の基準も違ってきます。
住宅ローンの場合には本人の年収を含めた返済能力が重視されますが、不動産投資ローンでは事業の発展性や採算性といった要素が重視されます。

審査の厳しさ

不動産投資ローンと住宅ローンでは、審査の厳しさにも違いがあります。
結論から言うと、不動産投資ローンの方が審査が厳しくなります。
それは何故かと言うと、住宅ローン返済者の年収よりも不動産投資による収益の方が不安定だからです。
少し考えれば分かりますが、会社員として毎月給与を受け取るのと不動産投資で毎月収益を上げるのでは、どちらが不確定要素が多いかは一目瞭然です。

金利の設定

金利の面でも、不動産投資ローンと住宅ローンでは多少の開きがあります。
ご存知の方も多いと思いますが、日本の住宅ローン金利は現在非常に低い水準となっています。
変動金利であれば、低ければ0.4%で高くても3%となっています。
これに対して、不動産投資ローンの場合には低くても2%、高くても5%ですから、この点だけを見れば住宅ローンの方が借りやすいということになります。
さて、ここまでは不動産投資ローンと住宅ローンの違いについて説明してきましたが、さらに大事な点が1つあります。
それは、会社員は不動産投資ローンの審査に通りやすいのかどうかというポイントです。
簡単に言うと、会社員は他の職種の方に比べれば審査に通りやすいと言えます。
他の職業というのは具体的には自営業のことで、会社員は自営業者の方に比べると収入が安定しているため、審査には通りやすくなります。
さらにパート、アルバイト、無職といった方と比べても会社員の方が審査に通りやすいことは言うまでもありません。

 

会社員にとってのカードローン

資産運用とカードローンは一見すると関係ないようにも思えますが、実はカードローンは使い方によっては資産運用の強い味方になるものなのです。
カードローンというのは、個人向けの無担保融資のことを指します。
通常、金融機関が融資を行う際には何らかの担保を求めるのが普通ですが、カードローンの場合にはこの担保が必要ないのです。
そんなカードローンの最大の特徴は、融資された資金の使途が限定されないというところです。
住宅ローンにしろ自動車ローンにしろ、基本的にローンと名の付くものは資金の使途について限定されるのですが、
カードローンでは特定の目的に縛られず自由に資金を使うことができるのです。
ですから、これは当然投資の資金にも使えるということになります。
資金の使途を限定されないカードローンは、どのような投資対象であっても自由に使うことができます。
さて、そんなカードローンについても気になるのは、やはり会社員は審査に通りやすいのかという点です。
答えを簡単に言うと、カードローンの場合も会社員は他の職種と比べて審査に通りやすいと言えます。
他の職業とはこの場合も基本的には自営業のことを指します。
そしてもちろん、パート、アルバイト、無職といった方と比べても会社員の方が審査に通りやすくなります。