不動産投資の流動性は都市部は高いですが、人口が少ない地域ほど低くなります。

不動産投資のメリット・デメリット

投資の定番である不動産

投資には色々なジャンルがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。
そうした投資のジャンルの中で、おそらく最も有名で投資の定番とも言えるのが不動産投資です。
そしてこの不動産投資にも、それが投資である以上はメリットとデメリットがあるということになります。
果たして、不動産投資にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

不動産投資のメリット

不動産投資には、以下に挙げるようなメリットが存在します。

 

毎月安定した収入を得ることができる

不動産投資による収益というのは、基本的には物件を賃貸することで得られる家賃のことを指します。
家賃というのは毎月一定の額を支払うのが原則ですから、不動産の所有者からすればそれは安定した収入を得られるということになります。
この点は、短期間での売買が基本になる株式投資やFX投資には無いメリットだと言えます。
また、不動産投資の場合には投資によって得られる収入が不労所得だという点も、他の投資とは一線を画しています。

 

ローンを組める

不動産投資には高額な初期費用が必要になるというのが一般的なイメージですが、実際には必ずしもそうではありません。
他の投資分野と違って、不動産投資の場合にはローンを組んで投資を始めることができるのです。
ですので、数百万~数千万円という元手を用意しなくても投資を行うことができます。
しかも、会社員の方はローンの審査に通りやすくなります。

 

インフレ対策になる

現在の日本の経済状況は決してインフレとは言えませんが、物価に関してはここ数年で上昇基調に変わっています。
このような物価が継続して上昇する状況においては、貨幣の価値は相対的に下がっていきます。
これを避けるために有効なのは貨幣を実物の資産に変えることなのですが、不動産はそうした物価が上昇している状況での投資に非常に向いているのです。
何故なら、不動産の価格及び家賃の相場は基本的に物価上昇率に連動しているからです。
つまり、物価上昇が起きている状況で不動産投資を行えば、貨幣価値の低下を回避することができ、さらには大きな収益を得ることができるのです。

 

不動産投資のデメリット

不動産投資には、以下に挙げるようなデメリットが存在します。

 

空室リスクがある
空室の部屋

どのような物件に投資する場合でも、不動産投資においては必ず付いて回るのが空室リスクです。
空室リスクとは、読んで字のごとく投資した物件に入居者が集まらず空室になってしまうリスクのことです。
空室が生まれてしまうと、当然ながらその物件の利回りが低下することになってしまいます。
特に問題なのが部屋数の少ない物件での空室リスクで、そのような物件では収益がゼロになってしまうということにもなりかねません。

 

流動性が低い

株式投資やFX投資と比べれば一目瞭然ですが、不動産投資は非常に流動性の低い運用方法です。
売りたい時にすぐには売れず、さらには買いたい時にすぐには買えないというケースも多々あります。
特に不動産の流動性が低いのが人口の少ない地域です。
人口の密集している都市部においては、不動産と言えどかなり高い流動性が見込めますが、人口が少ない地域ほど流動性の低さが顕著になっていきます。