株式投資はキャピタルゲインやインカムゲインで資産を増やせるメリットがあります。

株式投資のメリット・デメリット

株価のチャート

資産運用には、運用する資産の違いによっていくつかの種類(方法)があります。
そしてその中で、おそらく最も人気なのが株式投資です。
会社員の方が資産運用を始める際にも、多くの方が株式投資を選んでいます。
ここではそんな株式投資について、メリットとデメリットという2つの点に絞って紹介したいと思います。

 

株式投資のメリット

資産運用を行っている会社員に株式投資が人気なのは、それなりのメリットがあるからです。
株式投資には大きく分けて、以下に挙げる3つのメリットがあります。

 

キャピタルゲインを得られる

キャピタルゲインとは、資産を売却することで得られる差益のことを指します。
これは株式投資に限らずほとんどあらゆる投資分野において得られる利益で、いわば投資の醍醐味の一つと言えるものです。
始めに差益と言いましたが、これをもっと簡単に言うと、安く買って高く売ったときに生まれる利益ということになります。
空売り等の例外はありますが、基本的に株式投資におけるキャピタルゲインとは、安く買って高く売った時に得られる利益のことを指します。

 

インカムゲインを得られる

株式投資を行っていると、キャピタルゲインの他にインカムゲインを得ることができます。
インカムゲインとは、資産を保有することによって得られる利益のことを言います。
一番身近で分かりやすいのは銀行預金の利息です。
これは最も分かりやすいインカムゲインで、まさに資産を保有するだけで得られる利益の代表例と言えます。
銀行預金の場合のインカムゲインは利息ですが、一方で株式投資の場合のインカムゲインは配当金という形で発生します。
配当金とは、企業が利益の一部を株主に対して還元するためのお金で、株主であれば誰もがこの配当金を受け取ることができます。

 

株主優待を受けられる

株式投資を行うということは特定の企業の株主になるということで、株主になれば自らが株式を保有する企業の株主優待を受けることができるようになります。
株主優待とは、企業が株主に対して独自に行う自社商品やサービスの提供のことです。
その内容は各企業によって様々で、多くの企業が新規株主の獲得のためにバラエティー豊富な株主優待を実施しています。

 

株式投資のデメリット

株式投資にはここまでに紹介したようなメリットもありますが、一方でデメリットもあります。
ここでは、そんなデメリットの中でも代表的なもの2つ紹介したいと思います。

 

リスクが大きい
株式投資はリスクが大きい

数ある投資対象の中でも、株式は特にリスクの大きい資産として知られています。
まず、株式投資には価格変動リスクがあります。
これは、株式の価格が購入した時よりも売却時において下がっているというリスクで、株式投資においてはこのリスクが日常茶飯事のようにして発生します。
加えて、株式投資にはデフォルトリスクも伴います。
これは、株式を発行している会社が倒産してしまうリスクのことです。
会社が倒産してしまえば、株式は紙切れ同然となってしまいます。
株式投資にはこの他にもいくつかのリスクが付きまといますが、代表的なものはこの2つです。

 

初期費用が高い

株式投資にはそれなりの初期費用が必要になります。
もちろん、不動産投資と比べればはるかに安い額で抑えられますが、FXその他の運用と比べればかなり高額な初期費用が必要になります。
購入する銘柄の種類と数にもよりますが、ある程度幅のある運用をしようと思えば、最低でも10万円程度の初期費用は必要になります。